2012年3月28日水曜日

オーディールーム施工例

愛知県豊田市のオーディオルームが完成しました。
引き渡しまでまだ時間がありますが、機材が入るのが楽しみです♪
測定用のスピーカーで聴いた感じではとても良い感じでした♪


2011年9月8日木曜日

サイトリニューアルのお知らせ

アコスエンジニアリングのホームページにおいでくださりまことにありがとうございます。このたび、アコスエンジニアリングのホームページをリニューアル致しました。
弊社は今年で設立から30周年を迎えます。これまで、個人様のピアノ室などの防音室から、各放送局の収録スタジオや特殊なところでは航空会社のジェットエンジンのテスト用防音室の防音工事まで、本当に様々な工事に携わってきました。今後もみなさまのお役に立てるよう尽力する所存でございますので、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。
また、東北地方早期復興・支援を優先し、防音・防振材・断熱材、プラスチック製品などの物資供給・工事に、最大限に対応をさせて頂きます。一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

2010年9月15日水曜日

スタジオ施工例(1)

予てより施工しておりました、某レコーディングスタジオが完成しました。

2010年5月28日金曜日

ピアノ室施工例(1) 音響測定

壁や窓、ドア、天井面の遮音性能、室内の響き具合を確認する残響時間の測定を行いました。
各所とも設計値を満足するものでした。詳しくは後日アップします。

2010年5月22日土曜日

ピアノ室施工例(1) 完成

ひとまず完成しました。後はカーテンなどを取り付けて音響性能の測定をします。

ピアノ室施工例(1) 防音ドア

遮音ボードもほぼ貼り終わりです。

2010年5月12日水曜日

ピアノ室施工例(1) 窓枠取付

窓枠を取り付けています。
この窓枠に後で防音サッシ(内窓)を取り付けます。

2010年5月8日土曜日

ピアノ室施工例(1) グラスウール充填

壁にグラスウールを入れています。

2010年5月7日金曜日

ピアノ室施工例(1) 下地

空調用の消音ボックスの取付。
天井の軽鉄下地組。

2010年4月30日金曜日

ピアノ室施工例(1) 天井防振ゴム

天井の防振ゴムを取り付けています。

ピアノ室施工例(1) 浮き床

浮き床の防振ゴムを取り付けています。

2010年4月29日木曜日

ピアノ室施工例(1) 完成予想図

ピアノ室の完成予想図。
このお部屋は、3方に窓があり、隣のリビングルームの面に大きな窓があって、非常に開放感があります。

2010年4月27日火曜日

ピアノ室施工例(1) 内装材解体

天井や床、押入を解体してお部屋を有効に使えるようにします。 壁は10cm程狭くなりますが、床と天井は現状と全く同じ高さで設計しました。

2010年4月25日日曜日

ピアノ室施工例(1) 着工前

木造住宅1階の和室をピアノ室に改装した施工例をご紹介します。

2010年4月2日金曜日

アコ防組立例


◎設置場所の位置の測定。
天井の高さ、照明器具の位置を確認する。
◎床の裏面には、防振ゴムが取り付けられている。
◎測った位置からずれないように慎重に設置。

◎壁の取り付け。非常に重いため(この場合1枚約60kg)、数人がかりで取り付ける。

2010年4月1日木曜日

アコ防組立例

◎天井パネルの取付
この場合、梁と照明に注意して取付を行った。
◎キャノンパネルの取付

2010年3月31日水曜日

アコ防組立例

◎音漏れを防ぐため、壁や天井の接している部分にシリコンコーキングを注入する。
◎防音ドアの取り付け。

2010年3月30日火曜日

アコ防組立例

◎電気配線作業。照明器具の取り付け。
◎外部のコンセントから防音ボックス内にコードを引きこむ。

2010年3月29日月曜日

アコ防組立例

◎吸音材の取付
◎完成! 小さい防音ボックスの場合は部屋のデッドスペースを利用することも可能。

2009年6月20日土曜日

サイトリニューアルのお知らせ

アコスエンジニアリングのホームページにおいでくださりまことにありがとうございます。 このたび、実に4年ぶりにアコスエンジニアリングのホームページをリニューアル致しました。 弊社は、アコスターボードで有名な音響資材のメーカーであるアコス工業を母体として、技術部門の強化のためスタートしました。今年で設立から29年目を迎えます。これまで、個人様のピアノ室などの防音室から、各放送局の収録スタジオや特殊なところでは航空会社のジェットエンジンのテスト用防音室の防音工事まで、本当に様々な工事に携わってきました。先代社長がこの仕事に携わる動機として、昭和49年に起きた「ピアノ殺人事件」のことをよく引き合いに出していました。先代社長は当時20代でしたが、この社会問題に取り組んで行きたいと言う実直な姿勢でこの世界に飛び込み、時には収益を省みず様々な問題に取り組んできたことと思います。来年で設立30年目という節目を迎えますが、初心を忘れず今後もみなさまのお役に立てるよう尽力する所存でございますので、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。
  

Copyright (C) 2011 Acous Engineering Co.,Ltd. All Rights Reserved.